記録と日記

二次オタ兼エイターのゆるゆる日記。

新米エイターの記憶と記録

 忘れはしない、2016年12月16日の金曜日。あの日、東京ドームで私の中の何かが変わった。その時、ハジけた感情が何だったのか解明する術はなくする必要もないと思う。楽しくて、夢のようで、行ってよかったという記録に残った思いが真実だ。

 

私はオタクではあったが、ジャニーズは何となく毎週見る歌番組で出ているから知っている、程度の知識しかなかった。それがコンサートに行き、数ヶ月。あっさりと沼に落ち、FCまで入会した私のゆるい記録をここに残しておく。この先、何かがあったとき、初心を思い出すための、自分宛の日記である。

 

ライブの数日前、ある人に関ジャニ∞のチケットあるけど、一緒に行かない?と誘われた。深く考えず、楽しそうだし行く〜と返事をしたのを覚えている。その人にプレ物販があると教えてもらった。当日は混むと聞き、どうせなら先に買っておこうと決め、緊張しながらプレ物販に行った。物販会場で初めてグッズ一覧を見たとき、記載されている値段の安さに驚き、本当に儲かってるのかと勝手に心配した。その時は何もわからないままレジに進み、ライブなら絶対に欲しいとペンライトを購入。ペンライトが1600円ってお財布に優しすぎると感動しながら支払いをすませた。(過去に参加していたイベントの物販はペンライトだけでその二倍していた。その上、チケット代もジャニーズより高いことが多かった。)

 

ワクワクしながら迎えた当日、アリーナではなかったが、比較的ステージとの距離が近い良席だった。誘われたからにはと、大急ぎで過去のアルバムやシングルを聞き、付け焼き刃な知識で遊びに行った。曲はかなり覚えていった。それは、知らない畑に飛び込むときに必要な礼儀だと思っていたからだ。そして、行くなら120%楽しんでしまえと思っていた。

開始数分前からのエイトコール。暗転して流れ出した映像。この時点でテンションがあがる。そして、登場。好みの曲がいきなりきた。ステージに向かい歩きながら手を振っているのに、歌ってる!目の前でまじで歌ってる、アイドルがいる。ステージ上で踊ってる。かっこいい。語彙力が崩壊し、ノリにのる。本当に彼らはかっこよかった。とても面白かった。エイトレンジャーすごい。曲は昔、どっかの番組で紹介されてたけどここまで笑えるなんて聞いてない。なんて芸達者だと思っていたら、ラップもあったしバンドもあった。この人たち何者なの?これがジャニーズなの?あの場所にはクオリティ云々を超えた、こちらを惹きつける引力が存在しているように感じた。

アンコールまで終え、帰り道。個性派アイドルだらけなら、ジャニーズの人達の見分けつくかも!と思っていた。そうしたら、歌って踊って、笑いもとれてバンドもこなせて、あそこまで個性がたっているのはエイトだけだと言われた。なるほど。個性がたってる。そのときは、それ以上踏み込むことはなかった。